東京で鼻の整形手術をした紆余曲折

麻酔などのオプションも用意されている

自分の場合、全体の低さやいびつな形をしていることなどを解消したかったので、効果的なアプローチはやはり切開を加えて、プロテーゼという素材を留置して全体の高さと形を理想のスタイルにちかづけるという方法でした。
この手術はかねてより採用されている術式で、とりあつかっているクリニックも数多くあり、実績も豊富ということが分かります。
成功して自分の理想のスタイルを手に入れたとの成功談を数多く目にすることができた一方で、失敗したとの事例の話も少なくありませんでした。
当然手術後のダウンタイム、つまり顔のはれがある程度の時間は覚悟しなければいけないこと。
もっともこれは他の手術を洗濯しても不可避の部分はあるので、それほどのデメリットではないようにも思えました。
年末年始や夏季休暇、場合によっては有給休暇を消化してコンディションが落ち着くまで静養するという選択肢もありそうです。
それよりも心配だったのは、プロテーゼを留置してから数年以上先に派生するリスクのある後遺症です。
なかにはプロテーゼの位置がずれてしまって、歪みがでたり、極端な事例ではプロテーゼが皮膚をつきやぶってしまい摘出せざるをえない事態になるという話しも目にします。
また費用面でもまとまった手術費用を工面するのも難しく、医療ローンを組むことにもなりそうでした。
このような事情があるので、身体への負担が少なく、月収の枠内の予算で受けることができる「切らない」手術を選択することにしたわけです。
切らない手術というのは、ヒアルロン酸などを含んだ液体を小やその周辺に注射するというものです。
メスで切ることがないので、ダウンタイムもほとんどなく施術に際しての痛みもほとんどきになりません。
痛みが心配な人には麻酔などのオプションも用意されているようでした。

どのような選択肢が自分には存在するのか : 麻酔などのオプションも用意されている : 明るい印象を与えることができる