東京で鼻の整形手術をした紆余曲折

どのような選択肢が自分には存在するのか

どのような選択肢が自分には存在するのか : 麻酔などのオプションも用意されている : 明るい印象を与えることができる

子どもの頃からの低さや形にコンプレックスをもっていました。
成長して大人になってからでも結局自分が望むような方向に変化することはなく、そのままコンプレックスになってしまったのです。
就職して東京で生活の本拠を構えてからは、自由になる収入も増えたこともあり、かねてより気になっていた整形手術を受けてみようと、ネットを通じて色々美容クリニックのウエブサイトや、美容関連のポータルサイトを調べてみることにしました。
東京は当然のことながら美容クリニックはどこにでもアクセスするのに困らないほどのう充実ぶりです。
身近でも整形手術を受けてコンプレックスを解消するという経験は、地方に在住しているときほどの特別なことではなく、比較的ハードルが低いといえそうです。
とはいえ何分、初めてのことなので自分の顔にメスを入れるということには、心理的に抵抗感が強かったのも事実です。
かといって、失敗をおそれて放置すればこれまでの状況は変わりません。
そこでどのような選択肢が自分には存在するのかという点を中心に調べ始めました。

目頭ラインから鼻先までの垂直距離を比較する。


👧ツウィ→4.3cm
※顔が短い
👱‍♀️ミンジュ→4.4cm
※鼻先が長い
👩ジヒョ→4.5cm
※鼻筋が長い

この距離が大きいほど大人顔になりやすく、短いほど童顔に見えやすい。
※ノーズシャドウで軽微に印象は変わる。
#鼻整形 #鼻中隔延長術 pic.twitter.com/4PsF3RL5pp

— 鼻整形の名医相談🏥小鼻縮小、鼻翼縮小、鼻尖形成、鼻中隔延長、鼻尖縮小、二重整形、プロテーゼの失敗 (@hanaseikei0) September 12, 2021